仮想通貨を支えるテクノロジー!ブロックチェーンとは?

新聞を読んでいると、最近は、毎日のように「仮想通貨」の文字を見るようになりました。

ただ、最近、気になっているのは、新聞やニュースにたまに出てくる「ブロックチェーン」という用語を、新しい詐欺技術のように受け取っている人がいることです。

今回は、この誤解を解いていきたいと思います。

ブロックチェーンとは?

実物の世界にたとえると、私は「仮想通貨」が「紙幣・硬貨」であるのに対して、「ブロックチェーン」は「透かしの技術」だと思っています。

仮想通貨がお金であることを、ブロックチェーンは技術的に証明してくれているのです。

まさに、仮想通貨を支える基盤技術になります。

仮想通貨ネムが流出したのは、コインチェック社という両替所の管理に問題があっただけで、透かしの技術であるブロックチェーン自体に問題があったわけではありません。

ブロックチェーン自体は、将来性のある、素晴らしい技術です。

ブロックチェーンの基本的な思想は次にようになります。

「すべての価値のやりとりを記録して、各個人の所有分を常に把握できれば、物理的媒体(紙幣・硬貨など)に頼ることなく、数字だけで各自が所有する価値を保証することができる。」

従来の手法だと、この巨大な台帳を管理する、絶対的な管理者が必要となりました。

しかし、ブロックチェーンを使った仮想通貨は「分散台帳」という仕組みで、これを解決しました。

「分散台帳」とは、利用者全員がもつコンピューターの中のプログラムが、「全体として」台帳を管理することになります。

つまり、管理が分散処理されているので、誰かのコンピューターが壊れても、仮想通貨が失われることがありません。

個別のコンピューターから台帳の中身を勝手に書き換えることも不可能になります。

ブロックチェーンの今後の課題

多数の関係者が台帳を使って分散管理をする技術は、仮想通貨だけに限りません。

利用者が使っているコンピューターの電気代程度で、莫大な情報を分散管理することが可能になるのです。

大手銀行は、仮想通貨よりも、このブロックチェーンという技術を使って巨大な台帳管理のコストを低減させることに興味があります。

例えば、ブロックチェーンを使って、銀行の間で送金をすれば、現在は100円程度の手数料がかかるところを、限りなく0円に近づけることが可能になります。

金融だけでなく、物流網が複雑になってきていて高コスト化されてきている物流業界や、病院、薬局、学校など、さまざまな業種・業界で、この技術は応用することが可能になります。

このように、ブロックチェーンは将来性のある技術なのです。

今回の、仮想通貨の流出事件によって、ブロックチェーンの技術自体が否定される世の中にならないことを願っています。

**********

この記事に関して、ご質問がある方は、下記フォームをご利用ください。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

noimage

金融商品の評価方法!3つの要素とは?

noimage

トルコリラ安定運用法の近況(2018年4月6日時点)

noimage

低金利時代の中で、金利8%越えの商品が…

noimage

負けない投資方法!ドルコスト平均法の正体とは?

noimage
noimage

リスクのない金融商品!普通預金と定期預金とは?

noimage

気をつけろ!ハイリスク・ハイリターンの代表商品

noimage

仮想通貨ビットコイン/つかみどころのない金融商品!

noimage

つみたてNISAとiDeCoのちがい!あなたはどっち?

noimage

金&プラチナの積立投資!負けない投資を実践してみよう

noimage

知っておくと便利な公式!72の法則と115の法則とは?

noimage

新サービス!つみたてNISAとは?

noimage
noimage
noimage

FXなのに低リスク、トルコリラ安定運用法とは?

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP