代表的な仮想通貨を紹介します!どの組み合わせが最強なのか?

私は、不動産投資プライベートカンパニーを使った節税をはじめ、トルコリラ投資金・プラチナ投資太陽光発電、株式投資、投資信託など、さまざまな投資を実践しています。

しかし、仮想通貨だけは、まだ様子見の状態です。

ここで、誤解しないでいただきたいのは、私は、仮想通貨否定論者ではありません。

むしろ、仮想通貨には、すごく興味はあり、今後の発展を祈る立場でいます。実際、2017年には、ビットコインを運用していました。(利益を得ることなく、もう売却してしまいましたが…)

仮想通貨は発展途上であるため、これからもさまざまな問題や障害が発生するでしょう。そして、人気のない仮想通貨は淘汰していくと思われます。

私は、ある程度、市場が見えてきた段階で、仮想通貨を投資の対象とするかどうかを検討していこうと考えています。

そこで、唐突ですが、今回は、

「もし、この世に、仮想通貨だけしか投資対象がなかったとしたら、どの通貨にどの割合だけ投資すべきなのか。」

という命題を考えていきたいと思います。

ビットコインの特徴

仮想通貨といえば、ビットコインしか知らない人も多いと思います。

しかし、仮想通貨は、ビットコイン以外にも1000種類ほど存在していると言われています。(ビットコイン以外の仮想通貨の総称をアルトコインといいます。)

しかし、仮想通貨を世の中に広めたのは、ビットコインの功績によるものと言えるでしょう。現時点で、ビットコインは、「仮想通貨の王様」的な存在であることだけは確かです。

時価総額も、ビットコインは、仮想通貨の中でナンバーワンであり、20兆円超の巨大市場を形成しています。現在も多くの投資家によって売買されており、国内でも買い物などの決済手段として普及し始めています。

ただ、先駆者であることから、先出しジャンケンの意味合いが強く、アルトコインに比べて、システム面やコスト面で機能的に見劣りしている感も否定できません。

イーサリアムの特徴

時価総額第2位で、ビットコインの次の地位を築いているのが、仮想通貨イーサリアムでしょう。アルトコインの代表格です。

イーサリアムの特徴は、一言で言えば、「商取引向け」ということです。

スマートコントラクトと呼ばれる、契約情報を書き込める技術が搭載されているからです。これは王者ビットコインにはない技術です。

単なる決済手段だけでなく、契約情報も書き込めるので、企業間の商取引や不動産の取引など、ビジネスに活用される可能性は高いと思われます。

IPO(Initial Public Offering、新規株式公開)は、新規企業が資金調達に使う手段のひとつです。しかし、近年では、これに加えて、ICO(Initial Coin Offering)が注目されてきています。

IPOは、新規企業が、お金を集めるために、株式を発行しますが、ICOでは、仮想通貨(コインやトークン)を発行します。このときに、活躍するのが、イーサリアムであると言われているのです。

将来的に需要が見込めるということは、今後、価値も高まっていくということです。

投資家の立場としては、中長期的に保有していれば、恩恵を受けることができるのかもしれません。

リップルの特徴

リップルという仮想通貨があります。これもアルトコインの代表格です。

リップルの特徴は、一言で言えば、「国際送金向け」ということです。

国際送金のスピードと手数料が安く、海外送金で活用される可能性が高いと見られています。実際、SBIホールディングスや三菱東京UFJ銀行といった大手金融機関などでも、リップルを使ったプロジェクトを進めており、将来性は高いと見られています。

普及までには、時間がかかると思いますが、中長期的に保有することは賢明なのではないかと思っています。

ネムの特徴

年末年始に、コインチェックから、巨額の通貨が流出した事件が発生したのは、ご承知のことかと思います。

この流出した仮想通貨がネムです。このため、名前だけは聞いたことがあるという人も多いでしょう。

ネムは一連の事件のせいで、悪いイメージがついていますが、ネム自体に罪はなく、独自性をもった、面白い特徴を備えています。

ネムの特徴は、一言で言えば、「配当金あり」ということです。

一定額(120万円程度)のネムを保有すると、貢献度という意味で、一定のネムが付与され続けるのです。株式でいう配当金のようなイメージです。

ビットコインやイーサリアムほど、時価総額も大きくないため、キャピタルゲイン、インカムゲインの双方を狙える、お買い得な仮想通貨であるといえるでしょう。

仮想通貨ポートフォリオ

代表的な仮想通貨である、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ネムの4種類を見てきました。

ここで、冒頭の問題に対する答を考えていきたいと思います。

今、手元にお金があったとして、投資対象が、仮想通貨に限定されるとしましょう。

あなたなら、どのような組み合わせで仮想通貨を保有しますか?

全額、ビットコインに投資しますか?

それとも、全額、イーサリアムに投資しますか?

私なら、次にような比率で投資します。

・ビットコイン(10%)・・・技術革新狙い
・イーサリアム(40%)・・・ドルコスト平均法で積立
・リップル(20%)・・・ドルコスト平均法で積立
・ネム(20%)・・・配当金狙い
・その他コイン(10%)・・・値上がり期待

ビットコインは、一時期の高騰から暴落してきましたが、王者なので、さらなる技術革新で、再び花を咲かせるのではないかと期待しています。

イーサリアムとリップルは、時間はかかりますが、将来性はあると思っています。このため、一時期に大量に買うのではなく、じっくりと、ドルコスト平均法により、中長期で積立していきます。

20%のネムを保有することで配当金も狙っていきます。

そして、残りの10%は、他のコインで大化けするのを狙います。

こんなところでしょうか。

あなたなら、何に投資していきますか?

**********

この記事に関して、ご質問がある方は、下記フォームをご利用ください。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

noimage
noimage

トルコリラ投資!2018年の私の展望

noimage

負けない投資方法!ドルコスト平均法の正体とは?

noimage

リスクのない金融商品!普通預金と定期預金とは?

noimage

トルコリラ大暴落!史上最安値間近!

noimage

知っているようで曖昧な話!利率と利回りって同じもの?

noimage

金&プラチナの積立投資!負けない投資を実践してみよう

noimage

知っておくと便利な公式!72の法則と115の法則とは?

noimage

仮想通貨ビットコイン/つかみどころのない金融商品!

noimage
noimage

つみたてNISAとiDeCoのちがい!あなたはどっち?

noimage

金融商品の評価方法!3つの要素とは?

noimage

楽天スーパーポイントを使って資産運用をしてみよう!

noimage

仮想通貨を支えるテクノロジー!ブロックチェーンとは?

noimage

トルコリラ安定運用法の近況(2018年4月6日時点)

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP