私のオンリーワン戦略!一番伝えたいメッセージとは?

私はブログでさまざまな情報を発信し続けています。

他の人のブログもいろいろ読ませていただいております。

そうしているうちに、なぜ、私が情報発信することができるのか、私である必要性は何なのか、そもそも、私のオリジナリティは何なのか、疑問に思えてきました。

個別のテーマで記事を作成するだけでは、なかなか、オリジナリティを伝えることができません。

そこで、改めて、私自身でしか発信できないことは何なのか、どこがオンリーワンなのか、この記事で整理していきたいと思います。

私の副業

私は、副業においては、1級FPコンサルタント・副業インストラクターを名乗っています。

FX(トルコリラ安定運用法)、不動産投資、アフィリエイト、株式投資、投資信託、仮想通貨、ポイント・マイレージ、太陽光発電、電子書籍出版…などの副業を実践して、実際に収益もあげています。

このため、これらのネタをノウハウ化して、ブログで情報発信し続けています。(副業カタログ

会社員でありながら、副業規定を恐れず、さまざまな副業にチャレンジしている点においては、少数派なのかもしれません。

しかし、探せば、同じようなことをしている人は、私の他にもたくさんいると思われます。

このため「副業をたくさん経験しています!」という点においては、私はオンリーワンではないのでしょう。

私の本業

私は、本業においては、業務改革コンサルタントを名乗っています。

外資系を含め、コンサルティング会社を転々としてきました。

雇用自体も不安定なもので、退職金や福利厚生も乏しいものでしたが、コンサルティング業界の特性もあり、年収自体は、他の会社員よりも、高めだったと認識しています。

転職経験が豊富であるということは、オリジナリティになるのかもしれませんが、オンリーワンではありません。コンサルティング業界では、転職しない人のほうが少ないくらいです。

ただ、私には、精神疾患による休職・退職という経験があり、それを機に、起業(個人事業主、合同会社)をしたという貴重な経験があります。

フリーランスとなったため、会社内の出世競争や若手育成、政治的なしがらみに左右されることもなくなりました。定年もなく、自由に活動することができるようにもなりました。

コンサルティング業界のフリーランスということで(完全ではありませんが)会社員時代よりも、多くの自由な時間を手にすることもできました。(1年のうち、8ヶ月くらい働いて、4ヶ月くらいは営業をしつつ、ドカンと休むというイメージ)

ただし、コンサルティングの仕事があるかどうかは、景気や取引先の状況に左右される不安定なものとなります。

転職や休職、起業については、今の時代、珍しくはないと思いますが、まだオンリーワンには該当しないと思っています。

私の理想とするビジネスモデル

冒頭の話に戻ります。

私のオリジナリティは、一体、何なのか?

私は、本業と副業を次のように捉えています。

【本業】
フリーランスとして、時間単価を究極に高め、労働(コンサルティング)を収益に変えるフロー型のビジネスモデル

【副業】
仕組みさえ作ってしまえば、あとは自動で収益を上げてくれるストック型のビジネスモデル

本業では、生産性の高いコンサルティング業務に特化し、副業ではアルバイトのように労働を伴わない不労収入ばかりです。

つまり、本業でも副業でも、たくさん働くことを「是」としていないことがひとつの特徴になります。

副業では、不労収入のベースを構築しつつ、本業では、不定期・非常勤で働きに出るといった感じでしょうか。

こうすることで、本業と副業のどちらかがダメになったときにも、リスクヘッジをしていることになります。

不安定そうに見えて、極めて、安全なビジネスモデルだと、私は考えています。社会貢献もできています。(万人に当てはまることではないので、ご注意ください。)

・自給自足をして田舎に暮らそう
・副業で大儲けしてハッピーリタイヤしよう
・得意な仕事よりも好きな仕事をしよう

さまざまな人がさまざまな哲学をもっていると思います。私の場合は次のようになるでしょう。

・本業は、時間単価を究極に高め、自由な時間を確保しよう(フリーランスの業務改革コンサルタント)
・副業は、仕組みビジネスに特化し、不労収入を構築しよう(トルコリラ安定運用法、不動産投資、ブログ資産化、電子書籍出版…)
・本業(フロー型ビジネス)と副業(ストック型ビジネス)は両立させよう

さまざまな要素を組み合わせてみると、たしかに、オンリーワンに近づいてきたような気がします。

私の目標・哲学は少し極端ですので、共感できない人は多いかもしれません。

しかし「副業で不労収入を築いて、本業の給与をカバーしよう」という点までは、共感できる人も多いのではないでしょうか。

あなたも、自分自身を振り返ってみると、オンリーワンや強みといったものが見えてくるのかもしれませんね。

**********

この記事に関して、ご質問がある方は、下記フォームをご利用ください。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

noimage
noimage

アルバイトから学んだこと!思い出を振り返る!

noimage
noimage

我々は相対評価の社会の中で生きていく必要があるのか?

noimage

働き方改革と副業解禁の動き!我々はどう向き合えばいいの?

noimage
noimage

クイズも受験も知識力!ビジネスで必要となる思考力とは?

noimage

会社員とフリーランスのいいとこ取りをする収益モデルとは?

noimage

横出世!縦出世ではない生き方って一体何?

noimage

品質、コスト、スピード!あなたはどれを選びますか?

noimage

その一歩が踏み出せない!人に教えるということ

noimage

全体と部分の切り替えスイッチがあなたを変える?

noimage
noimage
noimage

考えてみよう!お金を増やしていく戦略

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP