つみたてNISAとiDeCoのちがい!あなたはどっち?

私は、副業として、ファイナンシャルプランナーをやっています。

仕事柄、他のファイナンシャルプランナーのコラムや記事を読むことも多いのですが、最近、つみたてNISAの記事だらけです。

なぜ、こんなに加熱しているのか、少し触れておきたいと思います。

つみたてNISAの概要

今まで、NISA(少額投資非課税制度)という制度があったのをご存知ですか?

通常は、投資運用で得た利益には、税金が20%かかりますが、それを非課税にする制度がNISAでした。最長5年間、年間の投資額は120万円まで非課税で金融商品を保有することが可能でした。

このNISAという制度を、期間を20年と長くして(年間の投資額は40万円)、使いやすくした制度が「つみたてNISA」になります。

NISAは、いまひとつの制度でしたが、つみたてNISAは、結構、おススメの制度になります。理由は下記5点です。

①20歳以上であれば、誰でも利用できる
②売却益、分配金の税金が、20年間タダになる
③金融庁の専門家が選んだ投資信託のみが対象となる(変な投資信託がない)
④引き出しがいつでも自由なので流動性が高い
⑤ドルコスト平均法で時間を味方につけながら長期投資ができる

非課税枠の再利用ができないとか、損益通算ができないとか、デメリットもあるにはあります。しかし、つみたて商品ということで、それほど大きな問題にならず、リスクは小さいので、おススメとしている人や記事が多いのでしょう。

なお、NISAとつみたてNISAは、いずれか一方しか利用できないことに注意してください。

iDeCoの概要

つみたてNISAとよく比較される制度にiDeCo(個人型確定拠出年金)があります。

iDeCoは、節税しながら、年金をつくっていく制度になります。掛け金が全額、所得控除になり、所得税や住民税を抑えることができます。節税しながら、退職金をつくることができるので、人気の商品になっています。

iDeCoのメリットは次の2点になります。

①掛け金は全額所得控除の対象となり、節税効果が高い
②運用益は非課税となる
③ドルコスト平均法で時間を味方につけながら長期投資ができる

デメリットは何と言っても、60歳まで積立金を引き出すことができない点になります。(退職金なので、当然といえば当然ですが。)

どちらがいいの?

つみたてNISAとiDeCo。お金を拠出していき、長期間じっくり貯めていくことはどちらも共通しています。

しかし、つみたてNISAは「投資」で、iDeCoは「年金」なので、根本的に目的が異なります。

このため、投資初心者や若い人が資産形成をするときには、つみたてNISAが適していると思われます。

退職金制度がない自営業の人や税金が高めで節税したい人は、iDeCoが適していると思われます。

どちらがいいと優劣をつけるのではなく、上記の性質を理解した上で、上手に使い分けていくのが一番だと考えています。

**********

この記事に関して、ご質問がある方は、下記フォームをご利用ください。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

noimage

低金利時代の中で、金利8%越えの商品が…

noimage

気をつけろ!ハイリスク・ハイリターンの代表商品

noimage
noimage

知っておくと便利な公式!72の法則と115の法則とは?

noimage
noimage

楽天スーパーポイントを使って資産運用をしてみよう!

noimage

知っているようで曖昧な話!利率と利回りって同じもの?

noimage

仮想通貨を支えるテクノロジー!ブロックチェーンとは?

noimage
noimage

トルコリラ安定運用法の近況(2018年4月6日時点)

noimage

仮想通貨の税金が雑所得に決定!FXよりも得なのか?

noimage

仮想通貨ビットコイン/つかみどころのない金融商品!

noimage

トルコリラ投資!2018年の私の展望

noimage

トルコリラ大暴落!史上最安値間近!

noimage
スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP