仮想通貨ビットコイン/つかみどころのない金融商品!

「仮想通貨」や「ビットコイン」というキーワードですが、新聞やニュースなどでよく見かけるようになってきました。

金融分野にあまり興味のない人でも、言葉だけは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

今回は、この仮想通貨ビットコインについて、少し触れたいと思います。

仮想通貨とは?

仮想通貨とは、文字通り、仮想のお金のことを指しています。

「仮想」なので、円やドルとは異なり、手にとって、目に見える姿や形が存在しません。しかし、仮想通貨は、お金と同等の価値をもっています。

仮想通貨としてイメージしやすいのは、オンラインゲーム上の通貨やメダルだと思います。円やドルを支払い、オンラインゲーム内で使われる通貨やメダルを手に入れれば、オンラインゲーム上では、お金と同様の扱いで、アイテムなどを買うことができます。しかし、これはあくまで、オンラインゲームの中だけでの話です。一般の世界では、メダルでモノは買えません。

似たようなものに、特定のWEBサイトでのみ使える仮想通貨もあります。円でポイントを購入し、そのポイントで有料サービスを購入するという仕組みです。そのポイントは、そのWEBサイトのみで有効な仮想の通貨になります。

ビットコインも仮想通貨の一種です。ビットコインの単位は「BTC」と表記されます。このため、円やドルと同様、1ビットコイン(BTC)や100ビットコイン(BTC)と数えることができます。ビットコインを持っていると、先ほどの例と同様、ビットコインが使えるところで、モノやサービスを買うことができます。

ビットコインとは?

では、ビットコインは、オンラインゲームのメダルやWEBサイトのポイントと何が違うのでしょうか?

オンラインゲームのメダルやWEBサイトのポイントは、企業単位で作られています。このため、企業が、利用者を囲い込むことによって、仮想通貨の運営主体(ゲーム会社やWEBサイトの運営会社)が利益を上げることを目的としています。

一方、ビットコインは、企業単位で扱う営利目的で発行されているわけではありません。国家単位で運営されている円やドルと同じように、経済活動を円滑に進めるために発行されているのです。

ビットコインは、世界中で日常生活で効率的に使われることを目的として作られています。円やドルのように、紙幣や硬貨があるわけではありません。しかし、代わりに、パソコンやスマートフォンを財布がわりにして、モノの売買が実現しやすいように作られています。

現時点では、まだ発展途上ですが、円やドル以上の利便性を目指して、世界中で利用できる次世代の通貨を目指しています。

ビットコインはどこで購入するの?

「仮想通貨=ビットコイン」と認識している人も多いようですが、「お金=円」ではないように、ビットコイン以外の仮想通貨もいろいろ存在しています。例えば、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)やネム(XEM)などがあります。

では、一体、これらの仮想通貨はどこで購入することができるのでしょうか?

少しややこしいのですが、ビットコインを購入する場所は、大きく分けて、次の2種類があります。

1)販売所
2)取引所

まず、1)の販売所ですが、ここはビットコインの販売会社が、その会社が決めた金額で販売する場所です。そのままですね。

2)の取引所は、ビットコインを買いたい人と売りたい人のマッチングを行う場所です。リアルタイムで取引したい人や割安な価格で購入したい人はこちらがおススメです。

銀行預金は、1000万円までの預金とその利息については、ペイオフ制度によって保証されますが、ビットコインにそのような制度はありません。取引所が破綻したらそれで終わりです。なので、銀行以上に、取引所はきちんと選択する必要があると思います。

ちなみに、私は2)の取引所で、ビットフライヤーというところを利用しています。ここは、国内の大手金融機関が出資しており、資本金が大きめという理由で選びました。

私のビットコイン履歴

私は、2017年の初め頃、仮想通貨のイメージをつかむため、はまらない程度に、1ビットコイン(BTC)を10万円くらいで購入しました。しかし、変動が激しく、すぐに1万円くらい値下がりしたので、怖くなって、すぐに売却してしまいました。

つまり、1万円弱、損をしただけで、何も利益を上げていないことになります。今、思えば、1ビットコインをずっと保有していれば、莫大な利益を得ていたことになるので、売却が裏目にでた結果になります。このため、私は偉そうなことは何も言えない立場です。

ハイリスクな金融商品としては、私は長年、FXをやっています。FXもハイリスクな投資ですが、これは、自分なりに、相場の高低は評価できているつもりです。このため、長期で利益を上げ続けることができています。(トルコリラ安定運用法

しかし、ビットコインは、まだつかみどころがありません。1ビットコインが100万円だと言われて、それが高いのか、安いのか、分かりません。感覚が全くないから、勘のようなものも働きません。

2017年も終わろうとしている現時点、毎日のように、ビットコインの乱高下のニュースが流れています。乱高下に一喜一憂していたは、完全に投機やギャンブルの世界になりますので、私は少し静観しようと考えています。

もう少し、ビットコイン市場が成熟してきたら、少し投資方法を、自分なりに考えていきたいと思います。

**********

この記事に関して、ご質問がある方は、下記フォームをご利用ください。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

noimage

新サービス!つみたてNISAとは?

noimage
noimage

気をつけろ!ハイリスク・ハイリターンの代表商品

noimage
noimage

金融商品の評価方法!3つの要素とは?

noimage

知っておくと便利な公式!72の法則と115の法則とは?

noimage

トルコリラ大暴落!史上最安値間近!

noimage
noimage

FXなのに低リスク、トルコリラ安定運用法とは?

noimage

低金利時代の中で、金利8%越えの商品が…

noimage

仮想通貨の税金が雑所得に決定!FXよりも得なのか?

noimage

負けない投資方法!ドルコスト平均法の正体とは?

noimage

知っているようで曖昧な話!利率と利回りって同じもの?

noimage

トルコリラ投資!2018年の私の展望

noimage

金&プラチナの積立投資!負けない投資を実践してみよう

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP