火事が起きた時に知っておきたい失火責任法とは?

年末。冬真っ盛りですね。

言うまでもありませんが、火事には気をつけましょう。

突然ですが、あなたの隣の家が火事になり、もらい火で被害を受けたら、賠償金がどうなるのかイメージがわきますか?

もしくは、あなた自身が火事を起こした時、誰にどのように賠償金を支払えばいいのか分かりますか?

今回は、火事になったときに慌てることのないように、いくつか例を挙げて説明していきたいと思います。

キーワードは「自分のモノは自分で守ろう!」です。

失火責任法とは

日本で火事が起きた場合、まず押さえておきたい法律が「失火責任法」です。

失火責任法は、他人の家から火が出て、自宅が燃えた(あるいは逆に相手の家を燃やした)場合に適用する法律です。

原則として、故意(わざと)、過失(不注意)があり、他人に損害を与えた場合には損害賠償する義務があります。つまり、不注意で失火し、周辺の家屋を焼失させてしまった場合、民法の原則によると、近隣への損害賠償は発生することになります。

しかし、日本は、狭い土地に木造の家屋が密集しており、火災が発生すると広がりやすいという特徴があります。自宅を失った上に、延焼させた人に損害賠償責任を負わせるのは、金額的に厳しいといった事情から、重過失ではない限り、賠償責任を負わせないことにしました。

これが失火責任法です。

簡単に言うと、「火災の原因が重過失でない限り、隣家から損害賠償に問われることはない。」という法律です。

持ち家で火事になった場合

例を挙げて説明しましょう。

火事を起こした人をAさん、火事に巻き込まれた隣の家の人をBさんとします。

Bさんの立場からすると、何も悪いことはしていないので、たまったものではありません。怒りの矛先は、まずAさんになるでしょう。

しかし、失火責任法により、軽過失の場合は、Bさんは、Aさんに損害賠償を請求することはできません。

このため、Bさんの燃えてしまった家の復旧費用は、Bさん自身の火災保険でカバーすることになります。(きちんと火災保険に入っておきましょう。)

Aさんの立場で言えば、失火責任法により、軽過失の場合、Bさんから損害賠償責任は問われませんが、Aさんの家は燃えてなくなっています。この場合、Aさんの家の復旧費用は、Aさんの火災保険でカバーすることになります。(きちんと火災保険に入っておきましょう)

つまり、AさんもBさんも、自分自身の火災保険でカバーすることになります。

賃貸で火事になった場合

賃貸に住んでいる場合は、もう少し複雑です。

火事を起こした人をAさん、火事に巻き込まれた隣の家の人をBさん、AさんとBさんの賃貸物件のオーナー(大家さん)をCさんとします。

先ほどと同様、Bさんの立場からすると、何も悪いことはしていないので、怒りの矛先は、Aさんになるところですが、失火責任法により、Aさんが軽過失の場合は、Bさんは、Aさんに損害賠償を請求することができません。

このため、Bさんの燃えてしまった家の復旧費用は、Bさん自身の火災保険でカバーすることになります。(賃貸物件でも火災保険に加入するのはこのためです。)

Aさんの立場で言えば、失火責任法により、軽過失の場合、Bさんから損害賠償責任は問われません。

しかし、Aさんは、Cさんに対しては、借りた時の状態に回復するという義務を追っています。賃貸物件そのものは、Cさんから借りているモノなので、当然です。Aさんは自分自身の火災保険を使って、Cさんから借りている家を元どおりに回復させる義務があります。

では、賃貸物件ということで、AさんやBさんが火災保険に加入していない場合、もしくは保険金が足りない場合、大家であるCさんは泣き寝入りするしかないのでしょうか?

そうなったときのために、Cさんは物件を手に入れるときに、火災保険に加入しておくのです。そうすることで、自分のポケットマネーからの持ち出しを防ぐことになります。

つまり、AさんもBさんもCさんも、何か起きた時のために、自分自身で火災保険に加入しておきましょう!ということです。

「自分のモノは自分で守ろう!」

このキーワードは覚えておいて損はないと思います。

**********

この記事に関して、ご質問がある方は、下記フォームをご利用ください。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

noimage

売電価格は下がっても太陽光発電は不労収入の代表なのか?

noimage

年金は繰り上げ・繰り下げ…いつからもらうと得なのか?

noimage
noimage

宝くじが1億円当たったとき!支払う税金の額は…?

noimage

退職時の注意事項!退職所得の受給に関する申告書って何?

noimage
noimage

普通徴収でも安心できない?副業が会社にバレるとき!

noimage

生活の知恵!いろいろ知ることで、お金を捻出しよう!

noimage

休職から復職へ!傷病手当金受給に関する落とし穴とは?

noimage

トンチン年金…今、流行りの長生きのための保険です

noimage

みんなに人気の共済保険!その弱点に迫る!

noimage
noimage

退職した直後に行う4つの手続きとは?

noimage

さようなら、そしてありがとう!JR三江線!

noimage

祖父が山林を所有していた!田舎特有の深刻な問題

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP