株式投資を行うなら法人?個人?あなたはどっち?

もし、あなたが、今から本格的に株式投資を始めるとします。

この場合、株式投資を個人で行いますか?

それとも、会社を設立して法人で行いますか?

個人で株式投資を行う場合

私は、会社を設立して、法人で株式投資を行なったほうが得だと思います。

その理由を説明していきます。

まず、個人で株式投資を行う場合、株式の購入代金は誰が支払いますか?

そうです。あなたですよね。あなたのポケットマネーから購入代金を負担することになります。

株式によりケースバイケースですが、それなりの出費は覚悟しないといけないでしょう。

そして、株式の売却益で儲けがでれば、投資は成功といえるでしょうが、売却損が発生した場合、すべての損失があなた自身に降りかかってきます。いわゆる「泣き寝入り」というやつです。銀行に預金しておいたほうが確実だった…、と後悔しても、何も事態は好転しません。

さらに、株式で損失を出した場合、給与所得や不動産所得と損失を合計することもできません。つまり、株式で大損していても、給与収入や不動産収入の税金はたっぷりと支払わなくてはならないのです。

また、上場株式等の譲渡益や配当金にも住民税はかかります。

法人で株式投資を行う場合

次に、会社を設立して、法人で株式投資を行うことを考えます。

この場合、株式の購入代金は、会社の資金を運用することになるので、あなたのポケットマネーは減りません。仮に、株式で売却損が出てしまった場合でも、会社の本業(事業所得)の黒字と損益通算することができます。黒字を減らす効果が期待できるのです。

また、本業の黒字と株式投資の赤字を合算しても、赤字となる場合、つまり株式で莫大な損失が発生した場合も、会社の青色欠損金は7年間にわたって繰越すことが可能です。

さらに、上場株式等の譲渡益や配当金にも、住民税はかかりませんので、個人で株式投資を行う時よりも、お得になります。

このように、株式投資は、法人で行うほうが、損失をだしたときのセーフティネットがきっちりとしているので、個人で行うよりも優れているといえるでしょう。

**********

この記事に関して、ご質問がある方は、下記フォームをご利用ください。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

noimage

プライベートカンパニーとは?節税する仕組みを構築しよう!

noimage

法人化のメリット!クルマの減価償却費

noimage

フロー型ビジネスとストック型ビジネスのちがいについて

noimage

経営者の味方!小規模企業共済と経営セーフティ共済とは?

noimage

新時代の法人形態、合同会社の正体とは?

noimage
noimage

増加するフリーランスの実態!今後の課題は?

noimage

利益を上げ続けるためには、ビジネスモデルを強く意識しよう

noimage

個人と法人、どちらがお得?生命保険の話

noimage

有限会社…もう二度と作れない最強の会社形態

noimage

体は資本なので、人間ドックはきちんと受診しよう!

noimage

プライベートカンパニーを活用した節税方法

noimage

フリーランスになったら税金に強くなろう!

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP