副業解禁時代の副業カタログ!あなたに合った副業はどれ?

数年前までは、あまりイメージのよくなかった副業。当時は、会社員がこっそりと意見を交わす程度のものでした。

しかし、最近は、副業の話題を新聞や雑誌で見ない日はなくなってきました。副業のイロハ、両立するためのコツ、副業をした場合の労働基準法的な課題…などが、毎日のように報道されています。

この副業解禁時代に、我々は一体どこから手をつけたらいいのでしょうか。

今回は、私の体験してきた副業のうち、代表的なもの11個について、紹介していきたいと思います。

評価は私の独断と偏見によるものですので、あくまで参考としてください。

副業①不動産投資による家賃収入

【収益性(B)安定性(B)将来性(B)】

サラリーマンの副業の代表格になってきた不動産投資。

不動産というと金額が大きいため、ハイリスクに思う人も多いかもしれませんが、私は、ミドルリスクミドルリターンの商品に類すると考えています。

不動産といっても、種類は多岐に渡ります。新築物件と中古物件。区分マンションと一棟もの。戸建とマンション。それぞれにメリット・デメリットがありますので、自分に合ったものを選択するとよいでしょう。

軌道にのると、家賃収入、節税、生命保険の代替、年金の準備など、さまざまなメリットを享受することが可能になります。

空室や金利上昇など、リスクもありますが、立地さえしっかりしていれば、なんとかなることが多いです。

短期的に一喜一憂することなく、息の長い、中長期の投資として構えることが重要です。

副業②FXによる収入

【収益性(A)安定性(C)将来性(C)】

FXはハイリスク・ハイリターンの代表的商品です。

ファイナンシャル・プランナーとして、初心者の方には、おススメしませんが、うまくいけば、短期間で大儲けをすることが可能です。逆に言えば、短期間で大損をするリスクもあるので注意しましょう。

お世辞にも安定している商品ではないため、これを副業の軸として捉えることはやめましょう。

私も昔、FXで100万円の損失を出しました。(それまでに100万円儲けていましたが。)

安いときに買って、高いときに売る。これだけの単純な商品ですが、奥が深いです。リスクを小さくすることはできますが、必勝法はありません。

興味があるなら、余裕資金、つまり、なくなってもいい資金を使って運用するようにしましょう。

ちなみに、今、私が実践しているのは、トルコリラ安定運用法で、今のところ確実にスワップ金利を蓄積中です。興味がある人はこちらの記事をご覧ください。(トルコリラ安定運用法とは

副業③ブログアフィリエイトによる広告収入

【収益性(B)安定性(B)将来性(A)】

まず、ホームページを開設してブログを書きます。次に、ブログに広告を貼り付けておきます。そして、あなたのブログに誰かが訪問してくれたとします。訪問者がその広告を見て、クリックしたり購買につながったりした場合に、あなたに報酬が支払われます。この仕組みをアフィリエイトと呼んでいます。

広告といっても、さまざまなものがあります。ページに合った広告を自動で提案してくれるGoogleアドセンス。アマゾンの商品を紹介することのできるAmazonアソシエイト。楽天の商品を紹介することのできる楽天アフィリエイト。物品販売だけでなく、サービス販売も扱うA8ネットなど。

自分のブログや、紹介したい商品によって、適切に選択すると良いでしょう。

いずれにしても、広告や宣伝、儲けたいという思いを前面に出すのではなく、訪問者のためになる情報を提供することを心がけることが重要です。訪問者ファーストの精神でいると、結果はあとからついてくるでしょう。

副業④メルカリやブックオフを利用したせどり収入

【収益性(C)安定性(B)将来性(B)】

自宅にあるいらなくなったモノを、ブックオフや中古品ショップに売りに行くことがあります。これを断捨離と言います。この場合は、安い価格で買い取りしてもらうことが多いと思います。

しかし、ブックオフや中古品ショップで、格安にモノを買い(仕入)、それを高く売る(販売)ことができれば、これは立派なビジネスです。これがせどりです。

一時期は、何が安いものなのか、素人には、目利きができず、難易度が高かったのですが、最近は、何が安いのか、何が売れ筋のものなのか、インターネット上ですぐに検索できるようになりました。

ブックオフや中古品ショップなど、リアルな店舗でなくとも、最近はメルカリと呼ばれるインターネット上で売買できる仕組みが整ってきました。大概の生活用品であれば、スマートフォンを使って、簡単に売買することが可能です。

自分の身の回りの整理にはなりますが、ビジネスとしてみると、仕入と販売をルーチン化・大規模化しないと成り立たないため、商品を絞るなど、何らかの工夫が必要になってくるでしょう。

副業⑤電子書籍による印税収入

【収益性(B)安定性(B)将来性(A)】

ブログで情報発信をしている人は、電子書籍の出版を考えてもいいかもしれません。

ブログでは、古い情報になかなかたどりつくことができず、情報も整理されていないことが多いです。これを、特定のテーマに対して、ブログをまとめ、体系的に整理していくことで、電子書籍化することができます。

電子書籍の出版は、商業出版することに比べると、難易度は圧倒的に低いです。その気にさえなれば、誰でも出版することが可能です。

その割に、高い印税収入(70%か35%)や名刺がわりの実績になることなど、メリットも大きいです。

個人レベルでの営業力を高めるためにも、電子書籍を出版することは有益ではないかと思います。

副業⑥シェアビジネスによる収入

【収益性(B)安定性(B)将来性(B)】

自分の所有しているものを有効活用する。最近、流行りのシェアビジネスです。

シェアビジネスといっても、領域は多岐に渡ります。

自分の持っている不動産を、人に一定期間貸し出す「民泊」をはじめ、車を一定期間貸し出す「カーシェアリング」、駐車場を一定期間貸し出す「駐車場ビジネス」などが代表例です。

いずれも、もともとは会社が担当していた領域になりますが、最近は規制緩和で、個人レベルでも可能になってきたことが、ビジネスを加速させています。

基本的に、ニーズのあるものがシェアされる対象になりますので、目利きが必要になり、それなりのリスクがあります。しかし、軌道にさえ乗ってくれば、収益の安定したビジネスになることでしょう。

副業⑦実働アルバイトによる収入

【収益性(B)安定性(C)将来性(B)】

引っ越し、交通量調査、ホールスタッフ、販売員、運転手、コンビニ店員、家庭教師…。

いわゆる「アルバイト」と呼ばれているものは立派な副業です。

この不景気の時代、土日は小遣い稼ぎとして、会社に内緒でアルバイトしているお父さんも多いのではないでしょうか。

しかし、本業との両立ということを考えると、副業で、体を張った労働をすることは、あまりおススメできません。休日は休まないと、体に負荷がかかりますし、自分の時間もなくなることから、精神的にもよくないです。副業解禁時代とはいえ、この点は社会問題となってくるでしょう。

小遣い稼ぎの必要性は理解できますが、体あっての資本です。自分をうまくコントロールしながらこなしていきましょう。

副業⑧株式投資による収入

【収益性(A)安定性(C)将来性(B)】

銀行の預金が低金利の中、昔から、この株式投資はサラリーマンの副業の定番とされてきました。

株価が上がることによるキャピタルゲイン。株式を保有することで得られるインカムゲイン。その企業のサービスを優先的に受けることのできる株主優待。

さまざまな便益を期待することができる株式投資ですが、それなりのリスクも覚悟しておく必要があります。

FXと併用するのであれば、株式投資は株主優待狙いで長期保有することがおススメです。両方ともキャピタルゲイン狙いだと、精神的にもちません。

資金の流動性もいいので、自分の生活に関係のある株式を長期保有していけばよいでしょう。

副業⑨クラウドソーシングによる印税収入

【収益性(C)安定性(C)将来性(A)】

最近、脚光を浴びている副業の代表格がクラウドソーシングです。

クラウドソーシングとは、個人や企業からの仕事を、インターネット上で不特定多数の個人や企業に仲介するサービスの総称です。

簡単に言うと、ネット上での仕事のマッチングサイトですね。

仕事(副業)を探している人は、クラウドソーシング業者にまず登録します。すると、個人や会社からの仕事が表示されるので、そこから自分に合った仕事を選択します。そこにはさまざまな種類の仕事があります。ブログの記事作成(ゴーストライター)や文字入力、エクセル作業、デザイン作業…など。ただ、簡単な作業が多い分、単価は、総じて低めな感じがします。ここで実績を積んで、個別にステップアップしていくことも可能です。クラウドソーシング業者には、ランサーズやクラウドワークス、ココナラなどが有名です。

副業⑩プライベートカンパニーによる節税

【収益性(B)安定性(B)将来性(A)】

本業以外に、自分で副業専門の母体を立ち上げるプライベートカンパニー。

上記で紹介したような副業を、プライベートカンパニーを通して運営すると、関連する出費を経費にして節税することが可能になります。本業の収益と副業の赤字を損益通算して、本業の税金を合法的に減らすことが可能になるのです。

本業の年収が高い人ほど、その効果は大きいです。会社に副業がバレないように、妻をプライベートカンパニーの代表にしたり、住民税の徴収方法を変えたり、本業に影響のないようにする必要があります。

今はまだそれほど浸透していませんが、副業解禁時代、プライベートカンパニーを保有するのが当たり前になる日は近いのかもしれません。

副業⑪仮想通貨による収入

【収益性(A)安定性(C)将来性(B)】

2017年は仮想通貨の高騰に盛り上がり、「億り人」と言われる人まで誕生しました。

最近、書店では、仮想通貨の本がずらりと並べられています。

私も、仮想通貨に少しだけ投資をしていましたが、現在は様子見の状況になっています。

セキュリティや税制も含めて、仮想通貨が便利なものに成長していくといいですね。

仮想通貨については、こちらの記事をご覧ください。
仮想通貨だけでポートフォリオを組んでみたら

**********

この記事に関して、ご質問がある方は、下記フォームをご利用ください。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

noimage

会社に頼らず自力で稼ぐパワーを身につけよう!副業のススメ

noimage

初心者向け!ブログとアフィリエイトの概説

noimage

ブログを運営している人はまず1日50PVを目指そう!

noimage

ホームページ作成のススメ!お金儲け以外のメリット

noimage

2017年11月版!Googleアドセンス審査突破のコツ

noimage

1ヶ月のアフィリエイト収入、気になりませんか?

noimage

副業解禁の動き!副業パターンによる課題認識

noimage
noimage

私の副業に対する投資方針!低リスク&長期投資

noimage

労働する副業から、労働しない副業へシフトしていこう!

noimage

電子書籍を出版すると、いろいろメリットがあります!

noimage
noimage

ブログの開設当初、アクセス数を上げる20の方法

noimage

副業成功までの道筋!私の考える3ステップ

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP