全体と部分の切り替えスイッチがあなたを変える?

あなたは、車を運転するときに、カーナビを活用していますか?

カーナビは目的地までの道順を丁寧に教えてくれる、とても便利な機能です。

この機能に、ひたすら頼りきっている人も多いのではないでしょうか。

しかし、敢えて、カーナビに頼らずに、事前に地図を目にしておくことが、頭を鍛える重要な秘訣であることを、今回は紹介していきたいと思います。

カーナビ機能の弊害

カーナビの機能はとても便利です。

これは、私も同感であり、否定はしません。

しかし「物事を俯瞰的に捉える」という意味では、カーナビは、大きな弊害になっていると思っています。

まず、カーナビには、進行方向を上向きに表示する機能があります。

こうすることで、進行方向が上を表すことになり、次に右に曲がればいいのか、左に曲がればいいのか、視覚的に分かりやすくしています。

しかし、この機能を使っている人は、カーナビに完全に頼りきっているので、自分で道を覚えることをしません。

もう一度、同じ道を通っても、風景と記憶の重ならない状態が続きます。

完全に思考が停止しまっている状態です。

カーナビには、進行方向を北の方角に固定する機能もあります。

カーナビに頼ることは、先ほどと同様ですが、この場合は、上が北という地図が頭の中にあり、それとカーナビ上の地図を照らし合わせながら走行しているので、頭を少しだけ使っていることになります。

一番、ワイルドなのが、カーナビを使わない人です。

事前に目的地を地図で確認し、ある程度、道順を抑えた上で走行を開始するのです。

これが、一番、道順を覚えますし、頭を使っていることになります。

例えば、ドラクエなどのゲームをするとき、攻略本に示されているマップを見ながら、ダンジョンをウロウロする人と、何も見ずにダンジョンをクリアする人とでは、どちらが、しっかりと考えて行動しているかは自明です。

カーナビやゲームの攻略本は、大変便利なものですが、「思考力」という点では、一種の弊害になっているのです。

車を運転する能力

あなたは「車を運転するのがうまい」と聞くと、どのようなテクニックをイメージしますか?

車庫入れですか?

車線変更ですか?

高速走行ができることですか?

私は「車を運転するのがうまい」ことは、「道をよく知っている」ことに近いのではないかと感じています。

F1などのレーサーは高度な運転技術が必要になります。

しかし、公道を走る上では、そのようなテクニックはほとんど必要ありません。

教習所で習う基本的なことやルールをきちんと守っていればよいのです。

道をよく知っている人は、渋滞もうまく回避できますし、道を間違えたときのリカバリーも早く、何よりも落ち着いています。

道を知りつくしているので、車線変更も事前に手を打つことができ、ドタバタ慌てることがありません。

この差はどこで生まれるのでしょうか?

道をよく知るためには、すべての地図を丸暗記しましょう、ということを言っているのではありません。

一度通った道に関しては、なんとなく感じておきましょう、というレベルのことを指しています。

詳細は覚えてなくても、「あ!この道、一度通ったことある!」と頭の中で気づくことが重要なのです。

カーナビに頼っていては、この「気づき」に気づけないのです。

私もよく車を運転していますが、一度だけ通ったことのある道を偶然通った時、「あ!この道、昔通ったことがある!」と気づくことがよくあります。

このときには、頭の中の白い部分に、色が塗られたような何とも言えない感覚になります。

普段は使っていない脳細胞が、活性化された瞬間なのでしょう。

単に、私の車には、カーナビがついてないので、おのずと鍛えられただけなのかもしれませんが…。

全体を俯瞰する能力

車で目的地に行くためには、まずは地図で全体を捉え、自分の記憶の中の風景と目的地までの地図および方角をリンクさせ、イメージを作ってから運転を始めることが重要です。

もう少し一般化しましょう。

「全体を俯瞰できる能力を鍛えましょう!」

これは、他の出来事にも当てはまります。

お盆や年末年始などの大型連休は、事前に予算を確保しておき、ある程度の出費を覚悟した上で、お金を使っていきますよね。

資格試験の日程が決まっていれば、それまでに一日何時間くらい勉強すれば合格できそうなのか、逆算して勉強していきますよね。

仕事で納期が決まっていれば、それまでにどのくらい残業をしなければいけないのかが分かるので、友達との飲み会をいつ設定したらいいのか決めることができますよね。

私たちは、無意識のうちに、全体を見据えた上で、意思決定をしているのです。

目の前の作業に追われて、自分が歯車になっていると感じたら、一度、全体像に立ち止まってみるとよいでしょう。

「全体を俯瞰した上で詳細を」

「先の見通しを立てた上で、直近の予定を」

「地図帳に目を通してから、車の運転を」

当たり前のように聞こえますが、意外と、日常生活でもよく使う概念です。

「全体と部分」の切り替えスイッチを、頭の片隅にでも設置しておくと、いつか役に立つ時があるのかもしれません。

**********

この記事に関して、ご質問がある方は、下記フォームをご利用ください。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

noimage

アリとキリギリスの裏話から学んだこと

noimage

クイズも受験も知識力!ビジネスで必要となる思考力とは?

noimage
noimage

40歳からの働き方!長期的な視点をもっていこう

noimage

国語嫌いだった私が「書くこと」に目覚めた瞬間

noimage

アルバイトから学んだこと!思い出を振り返る!

noimage

私の考える副業の成功要因…それは時間を味方につけること!

noimage
noimage
noimage

無所属出馬!無職になったときの気持ち

noimage

まどわされないようにしよう!資産と負債のマジック

noimage

品質、コスト、スピード!あなたはどれを選びますか?

noimage

働き方改革と副業解禁の動き!我々はどう向き合えばいいの?

noimage

正解ではなく最適解を求める時代がやってきた

noimage

ブログを書き続けることが、私に変化を与えてくれました!

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP